目の下のふくらみ取り(クマ取り)

目の下のふくらみ取り(クマ取り)とは?

目の下のふくらみ(クマ取り)取りとは、下まぶたの裏側から脂肪を取り出し、クマやたるみを改善する施術です。

目の下のクマやふくらみは、加齢に伴う皮膚の弾力性の低下と、眼窩脂肪と呼ばれる目の下の脂肪が前方へ移動する結果として現れます。目の下の脂肪を適度に除去することで、目元を若返らせることが可能です。また、元々目の下の脂肪が多い人は、疲れや不足した睡眠による血行の悪化が原因で目の下が膨らんで見えやすく、それがたるみと誤認されることがあります。

悩み一覧

  • 目元にハリがなく老けて見える
  • 化粧でも隠せず目の下のクマが気になる
  • 若々しい印象を手に入れたい
  • 半永久的にクマやふくらみを無くしたい

目の下のふくらみ取り(クマ取り)の特徴

顔の表面にはメスを使った切開などは一切せず、傷痕も残らないため、施術後の腫れなどもほとんどないという特徴があります。

目の下のふくらみ取りは経結膜脱脂法という目の下の脂肪取りとして、下まぶたのたるみの主要な原因である脂肪をまぶたの内側から除去し、クマやたるみの問題を解消します。また、目の下の深いくぼみがクマを作り出す要因となる場合、ヒアルロン酸注射を使用して皮膚を持ち上げ、くぼみを薄くする方法も適用できます。

リスク・副作用

目の下のふくらみ取り(クマ取り)は、患者様によっては複数のリスクや副作用が生じる可能性があります。

最も一般的な副作用は、腫れや内出血で、これは手術直後に施術部位で見られますが、通常は数日から数週間で自然に改善します。ただし、この期間は個人差があるため、注意が必要です。

加えて、全ての手術に共通して感染のリスクがあります。これは適切な術後ケアにより防ぐことができますので、指示されたケアを忠実に実行することが大切です。また、脂肪の除去が不均等になることで非対称な結果となり、場合によっては再手術が必要になることもあります。

手術方法によっては傷跡のリスクが考えられます。内側からの手術では傷跡は目立ちませんが、外側からのアプローチを選んだ場合、瘢痕が残る可能性があります。

 

 

料金表

目の下のふくらみ取り(クマ取り)
税込250,000円

目元と鼻の治療

  1. 切開ハムラ法

    切開ハムラ法は、目の下に生じるクマやたるみを改善し、目元の印象を若返らせるための治療法です。この施術は、眼球を支えている眼窩脂肪が…

  2. グラマラスライン形成(タレ目形成)

    グラマラスライン形成は、つり目を治したい方や可愛らしいタレ目に憧れている方に適した施術方法です。この施術は、「タレ目形成」や「下眼…

  3. 裏ハムラ法

    裏ハムラ法は、目の下のクマやたるみを改善するために行われる美容整形手術の一つです。目の下のクマやたるみの原因は、眼窩脂肪(がんかし…

  4. 目頭切開

    目頭切開とは、まぶたの内側にある部分(内眼角または目頭)を切開し、目の幅が広げられる手術です。特に東洋人の中には目頭が閉じていて(…

  5. 二重切開法(全切開)

    切開法による二重整形は、まぶたの肉厚や皮膚の硬さ、伸びてしまった皮膚などにより、埋没法だけでは持続的な二重まぶたの形成が困難な場合…

  6. 眉下リフト(眉下切開)

    眉下リフト、または眉下切開法と呼ばれるこの治療法は、年齢とともに上瞼のたるみが目立つようになった場合の解決策です。この手術では、眉…

  7. 二重埋没法

    「二重埋没法」は、糸を使用してまぶたに簡単に二重のラインを作り出す目の美容医療の一種です。この手術は約10分ほどで完了し、10代や…

  8. 目の下のふくらみ取り(クマ取り)

    目の下のふくらみ(クマ取り)取りとは、下まぶたの裏側から脂肪を取り出し、クマやたるみを改善する施術です。 目の下のクマやふく…

  9. 人中短縮(リップリフト)

    人中短縮術(リップリフト)は、上唇と鼻の下の部分(この部分を「人中」と言います)が長いと感じる方を対象にしたものです。

  10. 鼻尖形成術

    鼻尖形成術とは、鼻の先端部分(鼻尖)を改良し、その形状を整える美容整形手術の一つです。鼻の形状や大きさに不満を感じている人々、特に…

  11. 小鼻縮小術

    小鼻縮小術は、鼻翼(小鼻)が大きく広がっていたり、鼻の穴が目立つ方におすすめ治療法です。治療は、小鼻の溝部分を僅かに切開し、不要な…

  12. Gメッシュ

    Gメッシュとは、鼻や顎のボリュームを増すための新しい美容治療法で、体内に自然に吸収されるポリカプロラクトン(PCL)素材の特殊なメ…

jaJA